日本代表の森保一監督(52)が、セルビア1部パルチザンとの間で契約解除騒動に揺れるFW浅野拓磨(26)の処遇に対して見解を示した。浅野はクラブ側の給与の未払いなどを理由に自身のSNSで退団を表明したが、パルチザン側は浅野の主張を事実無根として国際サッカー連盟(FIFA)への提訴を表明。現地メディアではパルチザンが300万ユーロ(約5億円)を要求し、法廷闘争が2年間ほどかかるとの見通しが報じられ