コロナ禍で一世を風靡した音声特化型SNS「クラブハウス(Clubhouse)」だが、早くも消費者間で飽和状態が広がっている。流星のごとく現れ、急失速した背後に、どのような理由があるのか。また、クラブハウスに飽きた消費者の関心は、どこに向いているのか。下火にも関わらず、企業価値が約4,319億円という評価が正当であるかも考えてみたい。■クラブハウス離れ音声のみのSNSというクラブハウスの斬新なアプローチは、映像やテキス