『混迷の国ベネズエラ潜入記』(北澤豊雄 著)産業編集センター石油産出国として知られる南米の国、ベネズエラ。この国は現在、経済危機で国家破綻寸前にあると報道されている。ハイパーインフレにより物価上昇率は最大200万パーセントを超え、400万人以上が国外に脱出。食べ物も薬もなく、無法地帯になっていると言われるこの国を、自分の目で見ようと訪れたのが本作の著者、北澤豊雄さんだ。【写真】この記事の写真を見る(2枚