【AFP=時事】20-21スペイン1部リーグは29日、第33節の延期分の試合が行われ、FCバルセロナ(FC Barcelona)はグラナダ(Granada CF)に1-2でまさかの黒星を喫し、首位に浮上するチャンスをふいにした。これにより、ここ数年で最も予想できない展開となっている優勝争いは、またしてももつれることになった。アトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)を1ポイント上回って首位に立ち、主導権を握ることもできたバルセロナ