歯周病にまつわる常識が、21世紀になってどんどん変わっているのをご存知ですか。症状で悩むのは中高年になってから多いですが、実は病気のリスクを決めるのは18〜20歳のころ。人の唾液を通じて感染する、歯周病菌によって引き起こされる病気のため、キスなど「感染の危険性が高い行為」に気を付けなければならないといいます。【写真】歯周病についての常識は、20世紀と21世紀でこんなに違う!そのほか歯周病の「新常識」について