「巨人2−1広島」(23日、東京ドーム)広島の九里亜蓮投手が、8回6安打2失点と今季初完投するものの、2敗目を喫した。菅野と投手戦を演じながら、五回につかまった。先頭・香月に安打を許し、打席に大城を迎えた。カウント2ボール1ストライクから変化球を救われ、先制の中越え2ランを浴びた。長打警戒の場面。右腕は「思い切り振られるカウントにしてしまった。ストライク先行で行けていたら…。先制点を取られ