23日朝始まった政府の専門家らによる「基本的対処方針分科会」の冒頭のあいさつで、コロナ対策を担当する西村康稔経済再生相は「昨年4月の緊急事態宣言の時を参考にしながら、そのときの対応に匹敵する休業要請など強力な対策を短期集中的に実施し、人の流れを徹底的に抑制をしていく、感染拡大を抑えていく。このことを行って参りたい」と述べた。西村氏は、酒類やカラオケ設備を提供する飲食店に休業要請を行うことなどを説