イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンの日本代表MF南野拓実(26)に対する放出論の高まりが、今夏の東京五輪でのオーバーエージ(OA)枠選考にも影響を及ぼしそうだ。リバプールから期限付き移籍中の南野は21日のトットナム戦でも出番がなく、3月14日のブライトン戦以降1か月以上も公式戦で出場機会がない。負傷しているわけでもないのに冷遇に拍車がかかっていることで、地元メディアでは構想外が指摘さ