[フランクフルト22日ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は22日、定例理事会を開き、新型コロナウイルスによる影響が続く中、景気の下支えに向け、大規模な量的緩和の維持を決定した。金利も現行水準に据え置いた。理事会後のラガルド総裁の記者会見での発言は以下の通り。<見通しは不透明>世界的な需要回復と大規模な財政刺激策で、ユーロ圏、および世界的な活動が支援される中、パンデミック(世界的大流行)の