「私は長い道を歩き続け、多くの苦労を重ね、この博士論文をようやく提出することができた。学生として22年間歩んできた道は、風雨に打たれ、ぬかるみ、数々の困難があった。まるで一場の夢の如く、つい昨日ようやく家族皆で一緒に過ごしたかのような感覚にすら襲われる」と、ある論文に書かれていた「謝辞」の内容が最近、中国のネットで話題となっている。この論文の著者がつづっている山あいにある実家を離れ、過酷な運命と立ち