徐々にだが、前に進んでいる。プロ2年目の右腕・佐々木朗希(19)のことだ。ロッテ佐々木千隼はリリーフに活路 “次点”から逆襲始まる20日、イースタンの楽天戦に先発し、3回を2安打1四球4奪三振、2失点。新外国人のディクソンに公式戦初の一発を浴びたものの、ストレートの最速は153キロ、球数はプロ最多の63球だった。佐々木朗は今回が公式戦3度目の登板。4月に入ってから2回と3回の計5回を投げていた。「3イ