[フランクフルト20日ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が20日に公表した統計で、16日までの週の債券買い入れが約3割増加したものの、過去最大規模の購入済み債券が償還を迎えたため、買い入れの効果が約半減したことが分かった。ECBの統計によると、16日までの5日間にパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の下で新たに買い入れた債券は284億ユーロ。ただ、これまでにPEPPの下で買い入れた