火曜午後にはカール=ハインツ・ルメニゲ代表取締役が、UEFAのエグゼクティブコミッティーへと復帰する事が伝えられたバイエルン・ミュンヘンだが、さらにこの日には改めて、スーパーリーグへの参加を断固として拒否する考えを明確に示した。「スーパーリーグには参加しないことをここに宣言します。バイエルンはブンデスリーガと連帯しており、これまでドイツを代表してチャンピオンズリーグを戦ってこれたことは、これか