「自分の身内が詐欺に合ってないか心配なとき『怪しい電話や訪問はなかった?』と尋ねるより『最近、親切にしてくださってる方いる?』と聞いた方がいいそうです。営業の方がよく話し相手になってくれるとか枝を切ってくれた、というのは危険です。母に今度聞いてみよう」と、詐欺や悪徳商法に対するさり気ない注意喚起のコツをツイートした、ちこりの教室さん (@chikoriroom) 。【写真】こんなに怖くて大丈夫?? 脳に焼き付くレベ