[ワシントン16日ロイター] - 米商務省が16日発表した3月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比19.4%増の173万9000戸となり、2006年6月以来、14年9カ月ぶりの高水準となった。ただ、供給逼迫により木材価格が急騰しており、住宅建設業者が生産を加速させ、住宅市場の減速を引き起こす恐れのある住宅の供給不足を和らげる余地は限られている。市場予想は161万3000戸だった。