旧日本海軍は1922年に日本初となる航空母艦「鳳翔」を竣工し、その後次々と空母を建造していった。当時は世界でもトップクラスの海上戦力を誇ったが、その後の敗戦で日本の戦力は大きくそがれ、制限を受けることとなった。(イメージ写真提供:123RF)サーチナ

日本の海上戦力について中国メディア分析「警戒を怠るべきではない」

ざっくり言うと

  • 日本の現在の海上戦力について分析する記事を、中国メディアが掲載した
  • 実質的な空母である「ヘリコプター搭載護衛艦」を複数保有していると指摘
  • 日本が中国を上回るのは難しいとするも「警戒を怠るべきではない」と述べた

ランキング

x