三井不動産などホテル事業を展開する大手各社が、定額料金で複数のホテルを使えるサブスクリプションの宿泊サービスを相次いで打ち出している。新型コロナウイルス流行でテレワークが普及し、働き方や生活スタイルが多様化する中、観光地に滞在しながら働く「ワーケーション」などの需要を狙う。コロナ禍で苦戦する観光や出張に次ぐ新たなニーズの獲得につながるか注目される。コロナ禍で明暗クッキリ…高級ホテル開業ラッシュの