[東京13日ロイター] - 関西電力と中部電力は13日、独占禁止法違反の疑いがあるとして公正取引委員会の立ち入り検査を受けたと発表した。公取委は、高圧電力などの供給について、両社と販売事業会社中部電力ミライズが共同で、中部・関西・中国地区における顧客の獲得を制限している疑いがあるとしている。