侍監督に更なる試練だ。ソフトB・千賀の左足首捻挫が“念願メジャー”に及ぼす影響12日、西武は外崎修汰(28)が6日に手術を行っていたと発表した。3日のソフトバンク戦で左足首に死球を受け、左腓骨を骨折。手術は無事終了したとはいえ、実戦復帰まで3カ月程度というのだから7月の東京五輪はほぼ絶望的だ。これに頭を抱えているのが五輪日本代表の稲葉監督ではないか。6日にはエース格として期待されていたソフトバン