甲府駅前の武田信玄像(乃至 政彦:歴史家) p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'}中世、江戸時代の男性同士の関係を指す「男色」や「衆道」。今日でいう「同性愛」、つまり対等な同性同士の恋愛ではなく、年長の男性が年少の男子を愛玩する肉体の関係だった。小説やゲームなどでも描かれることの多い武田信玄と高坂昌信について、上杉謙信の関東遠征の真相を描く話題の書籍『謙信越山』の著者、