エル・クラシコは、前回対戦時のセルヒオ・ラモスのペナルティ獲得でもそうだったように様々な物議を醸す行動を残してきたが、今回も同様だった。特に、2-1で迎えた後半、ボックス内でフェルラン・メンディがマルティン・ブライトバイテスを引っ張ったプレーはペナルティ紛いのものだったが、主審のヒル・マンサーノはそれを見逃し、VARも再審査を勧めなかったことは、ロナルド・クーマンを大いに怒らせた。監督は、試合後の『Movi