(セ・リーグ、ヤクルト11−7広島、3回戦、ヤクルト2勝1敗、8日、神宮)ヤクルトの先発、奥川が待望のプロ初勝利を挙げた。チームは連勝で勝率を5割に戻した。奥川は一回、2死から5連打を浴びて4失点。昨季、プロ初黒星を喫した広島打線につかまったが、その裏に打線が大量援護した。3者連続安打で無死満塁とし村上が押し出し四球を選ぶと、荒木と太田が連続犠飛。2死二塁から西浦が左前適時打を放ち、4−4の同