ヒヤリとした瞬間だった。巨人・田中豊樹投手(27)が7日の阪神戦(甲子園)の5番手で登板した。1―7と6点リードされた8回からマウンドに上がった右腕は無死一、二塁のピンチを招き、二死後、迎えたのは途中出場していた山本泰寛内野手(27)だった。カウント1―1から投じた146キロの直球が左肩を直撃してから顔面付近に当たり、山本はその場に倒れ込んだ。一見すると、頭部を直撃したかのようにも映ったため