4日に放送された吉沢亮主演の大河ドラマ「青天を衝け」(NHK総合ほかにて放送)第8回は、次期将軍の座を巡る急展開のエピソードとなり、草なぎ剛演じる徳川慶喜がいまだかつてないほどめまぐるしく表情を変え、ラストの迫真の演技も注目を浴びている。本作は、「日本資本主義の父」と称され、新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢)の波乱に満ちた軌跡をたどる物語。第8回「栄一の祝言」では、かねてから想