プレミアリーグが再開された4月3日、アーセナルはホームでリバプールに0-3で完敗した。就任からプレミアリーグで50戦目という節目の試合で惨敗したミケル・アルテタ監督は、試合後に英衛星放送『Sky Sports』で「完全に敗北に値した。あらゆるところで彼らのほうが良かった。わたしが責任を負う」と、サポーターに謝罪した。「おそらく、リバプールはもっと大差での勝利にふさわしかった。われわれは非常に悪かった。謝罪