iPS細胞は、万能細胞の一種で、さまざまな臓器に分化できる細胞だ。自分の細胞から作ったiPS細胞を活用すれば、臓器移植をした際の拒絶反応が避けられるなど、これからの活用が期待されている。京都大学の山中教授が作製に成功して以降、医療のさまざまな分野で研究が進められてきた。【映像】動いてる…? iPS細胞で作った「心筋シート」日本人が設立し、アメリカ・カリフォルニア州に拠点を置く、スタートアップ企業「I