韓国の文在寅・大統領は最近、対日融和姿勢を演出しようと必死だ。「日本とはいつでも対話する準備ができている」(3.1独立運動記念式典での発言)などと日本側に秋波を送っているが、暗礁に乗り上げている徴用工訴訟や慰安婦訴訟の解決策は示しておらず、地元メディアでも「言葉だけの空論」と論評されている。【写真3点】ほかにも「竹島ゲーム」「伊藤博文暗殺ブロック」などトンデモ玩具が次々と韓国では伝統的に、保守政権