生きた蜂の針を体に刺す“アピセラピー”や“レモネードダイエット”など、珍しい美容法を積極的に試すことで知られるグウィネス・パルトロウ。その美意識の高さゆえ、48歳になった今でも若々しさを保っているが、ときに美容や健康についてキテレツな主張を繰り広げて、世間をざわつかせることも多い。そんなグウィネスがこのたび、エイジングケアについて語り、「女性は堂々と美容整形をすればいい」と持論を展開している。◆「