子どもたちの身体を傷つけないように手で瓦礫を撤去津波に呑まれ、全校児童108人のうち74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校。若い命を一瞬にして奪われた遺族らの傷は、今なお癒えることはない。そんな中、現場では5年前から、大惨事を語り継ぐ取り組みが始まっている。***【写真】集まってきた犬たち「原子力明るい未来のエネルギー」と書かれたアーチを背に、何かを問いかけるようにこちらを見つめていた被災