双肩にかかる周囲からの大きな期待やプレッシャーといった重荷は、時に人を大きく狂わせてしまう。それは一流サッカー選手といえども、例外ではない。かつて“カカー2世”と期待され、セレソンの10番も身につけたことがあるブラジル代表MFルーカス・パケタ。2019年にイタリアの名門ACミランへ加入し、低迷しているチームの復権を任されるも、うまく新天地に適応することができない。なかなかピッチで違いを生み出すことができず、1