【AFP=時事】6月に総選挙を控えたメキシコで、過去半年間に少なくとも64人の政治家が殺害されている。政府が4日発表した。メキシコでは特に地方レベルの政治家が、汚職や巨額の麻薬取引絡みで殺害されることが珍しくないが、選挙前には政治的動機に基づいた暴力事件が多発する。政府は6月6日に行われる連邦議会選と地方選に向けて、候補者の警備を強化すると述べた。ロサ・イセラ・ロドリゲス(Rosa Icela Rodriguez)治安相