【AFP=時事】オーストラリアで、現役閣僚が約30年前に未成年者をレイプしていた疑惑が浮上し、停職処分を求める声が上がっている。これについてスコット・モリソン(Scott Morrison)首相は1日、同閣僚は疑惑を「断固否定」しており、警察が対応に当たっているとして、停職に処する考えはないことを明らかにした。首相に対しては、政界の性差別的な風土を改革するよう、世論の圧力がすでに強まっている。閣僚の氏名は、名誉毀