わが国の新型コロナ感染症関連の研究論文は、世界的にみて圧倒的に少ない。医学領域全般における日本の研究水準が低いとの評価は聞かないどころか、ノーベル生理学・医学賞では、これまで5人の日本人科学者が受賞されているなど、能力はむしろ高いといえよう。しかし、感染症分野での研究の実態は、かなり弱そうだ。私のホームページに昨年12月時点の「各国のCOVIT-19関連論文数」(注1)とのグラフを「政策提言」コーナーに掲載した