現地時間2月27日、ブンデスリーガ第23節が行なわれ、遠藤航が所属するシュツットガルトはホームでシャルケと対戦した。22試合フル出場中の遠藤は、3-4-2-1のダブルボランチの一角でこの日もスタメン出場を果たすと、チームを勝利に導く大仕事をやってのけた。10分、右CKを獲得したシュツットガルトは、ソサのキックにファーサイドに走り込んできた遠藤が右足のダイレクトボレーで合わせ、見事にゴールネットを揺らした