かつてレアル・マドリーで活躍したポルトガル代表DFペペ。彼は18歳でブラジルから渡英し、ポルトガルに帰化した選手でもある。『Tribuna Expresso』によれば、幼少期は家族に甘やかされて育ったんだそう。 ペペ(ポルトDF)「自分は家族のなかで唯一の男の子だった。3人の兄妹(姉が2人、妹が1人)がいて、僕はとてもとても甘やかされたんだ。宿題があってもほとんどの時間はストリートで過ごした。誰が速いかの賭けでも、兄妹たち