【AFP=時事】スペイン前国王のフアン・カルロス1世(Juan Carlos I、83)が、440万ユーロ(約5億7000万円)近い追徴課税を全額納付した。担当弁護士が26日、明らかにした。イメージ悪化につながる訴訟への発展を避ける狙いがある。スキャンダルに見舞われ、昨年からアラブ首長国連邦(UAE)に滞在しているフアン・カルロス1世が追徴課税を納付したのは、ここ3か月足らずで2度目。前国王の財務に絡む疑惑が再燃し、スペイン王室