JFA連載コラムで育成年代の“改革”について明かす「レベルの高い試合が増える」日本サッカー協会(JFA)が26日、公式ホームページ上で反町康治技術委員長の連載「サッカーを語ろう」を公開した。第7回は「選手育成とユース改革」と題して、来年から取り組む“育成年代”のプランニングについて明かしている。反町技術委員長は2001年にアルビレックス新潟で監督に就任。そこから日本代表のコーチや北京五輪代表監督を歴任し、2