ここのところのボルシア・ドルトムントでは、エルリング・ハーランドやジェイドン・サンチョら攻撃陣の活躍へと目が行きがちではあるのだが、しかしながら先週1週間でみせた上昇気流の象徴的存在といえば、マフムード・ダフードの名前を挙げることができるだろう。前半戦では前任のルシアン・ファヴレ監督の下、第10節までは5試合に出場(先発4)していたものの、それを最後に後任のエディン・テルジッチ監督下では、初起用