朝日新聞社と福島放送(KFB)が行った福島県民対象の世論調査(電話)では、東京電力福島第一原発事故前の「福島」のイメージが「回復した」と「回復していない」はほぼ半々だった。県などは風評対策に力を入れてきたが、傷ついたイメージの回復が途上であることが浮き彫りとなった。(古庄暢、福地慶太郎)事故前の「福島」のイメージが「回復した」と思う人は「大いに」「ある程度」を合わせ50%、「回復していない」は「まっ