「富士山の日」の23日、富士山をのぞむ静岡県裾野市内で着工された、次世代技術の実証実験のためトヨタ自動車が手がける未来都市「ウーブン・シティ」。完全自動運転やロボット、人工知能(AI)といった最新技術を居住環境内で試し、世界の研究者らも含め最終的に2千人以上が暮らす想定で多様な企業も連携するため、自治体は周辺を巻き込んだ新たな街づくりと活性化を期待。支援の動きをすでに始めている。“スソノ”が世界