時計メーカーへの逆風が吹きやまない。新型コロナウイルスの感染拡大で「お得意様」だった訪日外国人客が消え、いまでも店頭への客足の戻りは鈍い。オンラインで買いやすくするように工夫しているが、店での対面販売を求める顧客のニーズは強く、試行錯誤のさなかにある。「国内は昨年11月から12月にかけて足踏みし、1月に入っても伸び悩みと頭打ちが続いている」。今月9日に開かれたセイコーホールディングスの会見で、滝沢観