国内で新型コロナウイルスが猛威を振るった最初の年となった2020年は、外出の自粛やテレワークの拡大で外食産業にとって極めて厳しい年となった。だが、そんな中でも激変した消費者のニーズを巧みにすくい取り、過去最高益を更新した外食企業もある。国内で2900店舗を超える「マクドナルド」を展開する日本マクドナルドホールディングス(HD)だ。20年12月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比11%増の312億円となり