【東京聯合ニュース】韓国の姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使は18日、自民党の二階俊博幹事長をはじめ、森喜朗元首相や公明党の山口那津男代表と相次いで面会した。駐日韓国大使館によると、姜氏は「韓日関係が難しい状況にあるが今後、駐日大使として韓日関係の正常化、両国と両国国民の友好増進のために最善を尽くす」と述べ、支援を要請した。