環境や社会を守り、持続可能な社会の実現を目指すために立てられたSDGsの目標には「(2)飢餓をゼロに」をはじめ、多くの食に関する問題が掲げられている。中でも人口増加に伴うタンパク質の供給不足問題は重要課題。2019年に行われた世界経済フォーラムでは、この解決策のひとつとして、食品汚染のリスクが無く、温室効果ガス排出量の削減にもつながる代替タンパク質が取り上げられると、世界中で注目されるように。日本では、