【AFP=時事】新型コロナウイルスの新規感染者がこの1か月でほぼ半減し、世界各地でワクチン接種が急ピッチで進められる中、欧州連合(EU)の保健機関である欧州疾病予防管理センター(ECDC)のアンドレア・アモン(Andrea Ammon)所長は12日、ウイルスは今後も存在し続ける可能性があり、「共存していく覚悟をすべきだ」と警鐘を鳴らした。AFPのインタビューでアモン氏は、新型コロナウイルスが「ヒトにとても上手に適応してい