プロボクシングの2020年最優秀選手賞(MVP)に、WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)が選ばれた。記者投票で決まるのだが、大晦日の防衛戦に勝利したWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)はわずか4票及ばなかった。【写真】井岡一翔、左腕にハッキリと浮かんだタトゥー「全36票で20票対16票。井上票のうち2票が転じれば同点、3票なら井岡がMVP、という大接戦でした」とスポーツ紙ボクシング記者が語る。「