将棋の藤井聡太二冠が、東京オリンピック・パラリンピックの聖火ランナーを辞退する意向を、地元の愛知県瀬戸市に去年伝えていたことがわかった。瀬戸市出身の藤井二冠は、市内を走る聖火ランナーに選ばれていたが、瀬戸市によると、去年10月ごろに将棋連盟を通じて辞退の意向を市に伝えたという。藤井二冠は聖火ランナーに選ばれた一昨年は無冠だったが、「タイトルを2つ獲ったこともあり、今以上に将棋に向き合うことが大事