菅義偉・首相はコロナ対策に「先手、先手を打つ」と強調しているが、実際には後手後手に回っていることは誰の目にも明らかだ。感染拡大は止められず、あちこちで医療崩壊が現実のものになっている。そうした菅首相の政治判断に大きな影響力を持つのが“後見人”の二階俊博・幹事長である。【写真】少し首を傾け正面に目を見開く、肩幅の広い背広・金色のネクタイ姿の二階幹事長二階幹事長はGo Toキャンペーンを推進した「観光