1月19日、台湾に「ドン・キホーテ」が初出店した。現地メディアは“会計まで5時間かかった”などの盛況ぶりを報じている。日本の「格安の殿堂」が、なぜ、これほどの人気なのか。流通アナリストの渡辺広明氏が取材した。***親日国として知られる台湾では、1990年代後半から「哈日族」(ハーリージュー)という日本の大衆文化を好む若者が現れました。近年では訪日観光客も増えてきていて、その数、2019年で約489万人。中