現地時間1月20日に、延期されていたリーグ・アンの第9節が行なわれ、長友佑都と酒井宏樹が所属するマルセイユは、ランスと対戦して0-1で敗れた。酒井はフル出場、長友は先発して66分までピッチで戦った。前節のニーム戦に続くホーム2連敗に、現地メディアでは批判の声が上がっている。仏大手紙『L'equipe』は、「彼らは前半でシュートを1本しか放つことができなかった。これほど悪い記録は、2006-07年以来だ。この統計は